Pythonの仮想環境にパッケージをインストール ​

Pythonの仮想環境にパッケージをインストール ​
  1. 仮想環境の有効化
  2. pipコマンドでパッケージをインストール
  3. インストール済みのパッケージを表示
  4. 想環境の無効化

動作環境

  • Mac 10.11.6
  • Python 3.7
  • 仮想環境の保存場所
    /Users/[ユーザー名]/Python/py37env

今回の作業では、ターミナルを使ってコマンドを実行していきます。
ターミナルは[アプリーション]->[ユーティリティ]->[ターミナル.app]で起動できます。
ターミナルでコマンドを実行するには、”$”の後にコマンドを入力してください。
当サイトのコマンドをコピー&ペーストするときは”$”を省いてコピーしてください。

仮想環境の有効化

まずはインストールしたい仮想環境を以下のコマンドで有効にします。

$ source python/py37env/bin/activate
(py37env) $

(仮想環境名) $と表示され仮想環境がアクティブな状態になります。

pipコマンドでパッケージをインストール

これからスクレイピングの勉強をしたいので、Beautiful Soup4のパッケージをインストールしてみます。
以下のコマンドを実行します。

(py37env) $ pip3 install beautifulsoup4​

“Successfully installed”と表示されたらインストール成功です。

インストール済みのパッケージを表示

インストール済みのパッケージを表示してみます。
以下のコマンドを実行します。

(py37env) $ pip3 list​

仮想環境の無効化

作業が終わったら、以下のコマンドで仮想環境を無効化します。

(py37env) $ deactivate​

Commentsこの記事のコメント

メールアドレスが公開されることはありません。お気軽にコメントどうぞ。

人気記事