【Win10】0x80240438が発生して.NET Framework 3.5の有効化が出来ない!?

Win10で.Net Framework3.5が有効化できない! エラーコード:0x80240438

仕事で使用しているWindows10のノートパソコンでエラーが発生してWindows Updateが出来なくなっていました。
特に困ってはいませんでしたが気持ち悪いし、HDDの空き容量も少なくなって来ていたので、不要なソフトを整理する意味も込めてクリーンインストールしました。

HPの不要なソフトも入れたくなかったので、今回はMicrosoftからWindows10のインストーラーをダウンロードして綺麗にしました。

再インストール後、Windows Updateをかけましたが、問題なく終わりました。
気分よく必要なソフトのインストールを進めていました。

しかし、ここで問題発生です。
社内の基幹システムを利用するため位に.Net Framework 3.5が必要だったので機能の有効化すると、エラーコード:0x80240438が発生し有効化できません!?

結構、ハマってしまったので、メモとして残しておきます。
本当にWin10はすんなりいきません。。。

  1. 環境
  2. 0x80240438の発生状況と現象
  3. 0x80240438の対処方法(解決できず)
  4. 0x80240438の解決方法
  5. ローカルグループポリシーを設定
  6. グループポリシーを強制的に適応する
  7. .NET Framework 3.5を有効化
  8. ローカルグループポリシーを戻す
  9. まとめ

環境

Windows 10 pro 64bit

0x80240438の発生状況と現象

コントロールパネル → プログラム → Windowsの機能の有効化または無効化を選択します

「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む) 」にチェックを入れOKを押します。

しばらくすると「エラーコード:0x80240438」いうエラーメッセージが表示されて設定できません。

0x80240438の対処方法(解決できず)

0x80240438 は Windows Update 関連で表示されることの多いエラーなので、まずは一般的な対応として以下ページの対処をひと通り確認してみてはいかがでしょう。

Windows 10 – 常駐アプリケーションを停止してトラブルの原因を確認する方法

上記のようにこのエラーコードはWindowsUpdateの関連の問題だとあります。
Windows Updateのリセット等もしましたが、解消されませんでした。

そもそも、Windows Updateは何も問題なくできていました。

0x80240438の解決方法

解決した方法は、Windows 10のインストーラー(ISO)から.NET Framework3.5をインストール(オフラインで.NET Framework3.5をインストール)する方法です。

私は再インストール時に使用したWindows10用のISOイメージファイルを残していたので、それを使用しました。
手元にない方は「MicrosoftnWindows 10のダウンロードツール」を使用してISOイメージを入手してください。

<2019.06.06 追記>
過去にこの記事を見ていただいた方からPowerShellを使用してオンラインから有効化をする方法を教えて頂きました。
OSのインストーラーが不要なので参考にしてください。
【Win10】メディア不要!!PowerShellで.NET Framework3.5の有効化

ISOイメージファイルをマウントする

Win10のISOイメージを[右クリック]→[マウント]を選択するとマウントできます。

Dドライブ(環境によって異なります)にマウントされていると思います。

.NET Framework 3.5のパッケージを確認

マウントしたISOイメージのフォルダ、「D:\sources\sxs」に移動します。
以下のファイルがあることを確認します。
・Microsoft-Windows-NetFx3-OnDemand-Package-xxxx.cab

ローカルグループポリシーを設定

管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。
次のコマンドを実行します。

gpedit.msc


するとローカルグループポリシーエディターが起動します。

次に[管理用テンプレート] → [システム] を選択します。
右側のリストから[オプションコンポーネントのインストール]を開きます。

[有効]を選択し、[代替ソースファイルのパス]に.NET Framework 3.5のパッケージがあるフォルダのパス「D:\sources\sxs」を入力します。

最後に[適応]ボタンを押して設定完了です。

グループポリシーを強制的に適応する

先ほど設定したローカルグループポリシーを適応します。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。
次のコマンドを実行します。

gpupdate /force


.NET Framework 3.5を有効化

改めて.NET Framework3.5を有効化します。
コントロールパネル → プログラム → Windowsの機能の有効化または無効化を開きます。

.NET Framework 3.5にチェックを入れOKボタンを押します。

しばらくするとエラーとなっていたタイミングも抜けて無事に設定できました。

ローカルグループポリシーを戻す

「オプションコンポーネントのインストール」を無効にして設定したポリシーを戻しておきます。

まとめ

Windows 10はUpdateしたタイミングやActiveDirectoryなどの環境によってつまづく事が多い気がします。

今回の解決方法となった.NET Framework 3.5のオフラインでのインストール方法は「エラーコード:0x800F081F」でも有効なので試してみてください。

comment

  1. 55 2019/02/12(火) 13:00

    同じ現象で困っていましたが、上記通りの操作で無事インストールできました。
    (Win10 リビジョンUP(1809)用のUSBで行いましたが、全く同じようにできました)
    記事も読みやすく本当に助かりました。ありがとうございました。

    • y.chiba 2019/02/12(火) 13:21

      お役に立ててよかったです。
      これからもよろしくお願いします。

  2. 55 2019/05/03(金) 11:57

    前回お世話になったものです。

    もっと簡単な方法で、インストールできましたのでご参考までに。

    まず、Powershellを管理者権限で立ち上げ、下記の4コマンドを流します。
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU' -Name 'UseWUServer' -Value 0;
    restart-service wuauserv;
    dism /online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3;
    Set-ItemProperty -Path 'HKLM:\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU' -Name 'UseWUServer' -Value 1

    以上です。

    ※Win10HomeをProにUpdate した後で当現象発生していましたが、上記の方法で解決できています。

    • y.chiba 2019/05/03(金) 15:28

      新たな方法を教えて頂きありがとうございます。
      当現象でお困りの方が多いようですので、参考にさせていただきます。

Commentsこの記事のコメント

メールアドレスが公開されることはありません。お気軽にコメントどうぞ。

人気記事